児童文学は親仁女性の憂さ晴らしになるかも?

近年、小学6年生の次男が授業や書房で借りてくる誌にはまってある。
画集を卒業して、けれども、未だに大人の誌を掴むには手っ取り早いという微妙な状況の彼氏が借りて生じる誌が、ずいぶん新鮮で楽しいのです。

小学生高学年?中学向けとあって、読みやすいというのも嬉しいところですが、総じて1?2お日様でまるごと読んでしまう。

重松清さんの誌などが多いのですが、キャラクターも小学生高学年から中学のキッズが中心で、授業で起こる物事とか引き取り手の事例とかが中心のチャットだ。
読んでいるという、この時期ならではの甘酸っぱいパワーがぶわーっと思い出されてきたりして、涙が止まらな来ることが多々あります。

次男に聞くと、「え?どこで泣くの?そんなところあった?」だそうなのですが、時をとって涙腺の緩くなった中年にとっては、精神洗われるチャットばっかり。
登場する少年の母親にパワー移入してしまったり、とりわけ泣ける場面が満載です。

近年思ったのですが、誌を読んで泣くというのは、結構気晴らしになって気持ちがいいのです。
癒し反響もあるんじゃないかと期待しています。http://www.imacsindonesia.com/musee-jizensyori.html