長時間、道場生活を営んできたM・Tの統治からの解禁

今一度、N・Tはこちらに向き直った。
「それにしても、お前が急にそんな突拍子もない事を提案するとは思えないんだよな、己は。何かあったろ」
 N・Tは直感が鋭かった。長年の付き合いともなると、お互いの意向まで見え透いてしまうこともいらっしゃる。
「己もそれほど想う。もしかしてと思うけど、T・M絡みか?」
 また語りはじめたかと思えばN・Tよりも直観の賢いM・Tの一言に俺は狼狽した。
「やつか!おい、A・I!」
夜もすがら、昼の気分でN・Tが捲くし突き立てる。こうなるともう俺は逐一話すしかなかった。
「長年の居候生活で飽きたのもいらっしゃるんだろうけど、最もココの飯は不味いんだって。デザートも出ないみたいだし。だから少なくとも食後ぐらいはと思って……」
 やむを得ず定説にとらわれ続けているM・Tが遺憾に思えたのは的確だが、生い立ちから何まで、大勢本人の事態を知ってしまった前、何かしら一役買って出ようという肩ひじが内面にあったのかもしれない。脱毛ラボ カウンセリング 料金